平屋増築工事4

こんにちは、大工の神宮司です。

朝と夜は、だいぶん涼しくなってきましたが、昼間は、まだまだ 暑い日が続きますね。

前回で下地ができて、だいぶん部屋らしくなってきました。下地が出来たら断熱材を入れていきます。IMG_2120

天井と外壁面の壁にグラスウールを隙間なく入れていきます。

夏場だと入れている途中でも暑さが和らぐのがわかり、効果があるのが実感できます。

IMG_2126

作業も仕上げ材に入り床のフロアーを貼っていきます。

フロアーは、傷が付かないように、貼-りながら養生もしてしまうので、全部張り上げた姿は最後のクリーニングまで見れないのがいつも少し残念です。

今回、 洋間にピアノを置くということで、居間との間の壁に遮音を施します。IMG_2139 IMG_2141

壁の中にグラスウールを入れて下地に遮音マットを貼りその上の石膏ボードを貼ります。

音の出る場所には、効果の大きい施工です。

IMG_2193 IMG_2194

天井にも石膏ボードの上から吸音材を貼っていきます。

遮音と違い、音を吸収してくれる仕上げ材です。同時に調湿の効果もあるので、クローゼットの天井にも

貼りました。

IMG_E2205

クローゼットは壁にも調湿効果のある仕上げ材を貼りました。

今回の工事は、洋間ということで、大工工事では特別な装飾などはありませんが、

音や湿気をテーマに、機能的で、すごしやすい部屋が完成しました。

同じような効果をお考えの方は、相談してみて見てはいかがでしょう。

大工の神宮司でした。