掛川花鳥園に行きました

今日は、今年は梅雨の季節と思えない程天気が続きますね。

先日掛川花鳥園に家族で遊びに行ってきました。花鳥園は絶滅危惧種の鳥が見れることで紹介され、今少しブームになっているようです。その鳥とはハシビロコウという種類の鳥。

ハシビロコウ

ハシビロコウ 顏

くちばしが大きくて頭と胴体がアンバランスで何となくかわいい。あまり動かずじっとしています。体調1mちょい、小学生の子供くらいの大きさです。

ここではインコを手にのせて餌をあげたり、ペンギンを抱っこできたり、気が付くとクジャクやペリカンが隣にいたり・・・(ホントびっくりします)体験型の施設で、時間を忘れるくらい楽しい経験ができます。植物園も兼ねているので、様々な花も美しく、園内の大型プールには睡蓮があり沢山の魚が泳いでいます。

メキシコインコ手

餌を差し出すと手に乗ってくるコガネメキシコインコ。セキセイインコの1.5倍くらいの大きさで人なつこく、寄ってきてくれます。くちばしが大きく、”噛まれると痛いだろうな・・・”と躊躇していましたが、噛む鳥もおらず、おとなしく愛らしい。

さくら1

かたや我が家のコザクラインコのサクラ。自分のことを”さーちゃん さーちゃん”と言い、部屋のポトスを食いちぎり(2鉢のポトスが全滅しました)、気が入らないと主人と娘を噛みまくって暴れております。主人など血が出るほど噛まれます。男の子だと思いきや、卵を産んで女の子であることが発覚しました。

By 長谷川 幸子

リフォームリノベーションはリビング春日井にご相談ください

新聞を読もう!

梅雨に入ったというのに、雨はたったの1日、中休みの長いこと・・・
なんだか、もう梅雨が明けた気分ですね~

先日、子供の通う学校のPTAで、ちょっと短めな、講演会でお話を聞きました。

N ・ I ・ E(NEWSPAPER IN EDUCATION)について。

エヌアイイーと読み、学校教育などに新聞を教材として活用していこう、という取り組みです。
私がまだ学生の頃( 30年以上前ですが・・・(^_^;) )、国語の授業で、新聞の1面にあるコラムを原稿用紙に書き写すというものがありました。
それも、そのひとつですね。
2575D7C9-0C22-4421-AF96-C08ABF64C25B
我が家は「中日新聞」でしたので、『中日春秋』をほぼ、毎日切り抜き書いていました。
「毎日新聞」は『余禄』、「朝日新聞」は『天声人語』と各新聞社にもコラムがあります。

堅苦しい、政治経済の話ばかりではなく、担当者の個性が出るのでしょうか?とても身近な話題もあり、毎日読みながら写すうちに、宿題のない日も、コラムを読むのが、習慣になりました。

子供の頃に新聞といえば、テレビ欄しか見ず、1面がテレビ欄だと思っていた子供は多いのではないでしょうか?

最近は、地デジに代わり、テレビ欄さえも必要でなくなり、新聞に一緒に入る広告もスマホなどでデジタル広告が増え、見る機会が減ってきました。

ネット社会で、パソコンや携帯、スマホで十分すぎるほどの情報が、良くも悪くも送られてきます。
新聞もネットも同じ情報ではないかと思われますが、実は違うそうで・・・

ネットなどの情報は、概略を簡潔に伝えるだけで、あまり記憶に残らず、流れてしまうようです。
しかし、新聞から読み取った情報は、より詳しく書かれており、記憶に残るそうです。

新聞に限らず、書籍などでも活字離れが心配されるなかで、子供の頃から、新聞に親しんでもらおうとかなり前から始まったのが、(中日新聞の場合)サンデー版。
最近は、「こども新聞」も発行されていますね。

子供だけでなく、大人も興味を持てる内容で、目を引きます。
いろんな特集やパズルゲームや間違い探し、小説の応募コーナーや料理のレシピなど内容は幅広く楽しめます。

1FFCA993-2399-4EF7-A718-CF1B7BAFD29A    34ECB065-AB3C-4683-B5B4-F35513BC7006

子供たちの新聞の閲読習慣について、調査したところ、新聞を読むようになって変化があったと答えた子供たちはなんと約60%~70%近くになっています。

また、新聞を読むようになって成績が上がったという子供も増えているそうです。
読む力といえば、国語や社会ばかりと思えますが、テストでは、すべてにおいて、読む力がなくては問題にも取り組めません。

新聞を通じて、家庭でもニュースやスポーツなどについて子供たちと会話できたら、楽しいですよね。

新刊の案内や広告、県内版、地方版には県知事の前日の行動内容や事件・事故の件数など載っているのご存知でしたか?

お休みの日に、ちょっとゆったり時間をとって、改めて新聞を隅々まで読んでみてはいかがですか?
きっと新しい、発見があると思います。
N ・ I ・ E だけでなく 企業、ビジネスマンに向けて、 N ・ I ・ B(NEWSPAPER IN BUSINESS)というのもあるようですので、ぜひ、勉強してみたいと思います。

By  木口

 

木口の小さな疑問・・・コラム(だけではありませんが)、記事は、縦書きで右側から左にかけて書かれているのに、
タイトルは左から右、不思議じゃありません?

2575D7C9-0C22-4421-AF96-C08ABF64C25B

 

 

直島

 

梅雨に入ったのに

とっても良い天気 ♪♪ が続いています。

梅雨?はどこに行ったのでしょう・・・か。

 

梅雨が明ければ、暑い夏!!

海など、お出かけしたくなる季節です。

 

そんなお出掛けされる行先の候補のひとつに

『 直島 』 は、いかがですか?

DSC_0089

直島は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島。

現代アートの聖地として世界的に注目を集めています。

アート作品の鑑賞と併せて街歩きも楽しめます。

 

有名なのが

草間彌生さんの 『赤かぼちゃ』 と 『黄かぼちゃ』

DSC_0081  DSC_0089  DSC_0091

 

他にも、いっぱいアートがあります。

DSC_0109  DSC_0093  DSC_0104

 

建築家の安藤忠雄さんの作品や、

『家プロジェクト』というアートプロジェクトもあります。

 

 

1998年に始まった『家プロジェクト』は、

空き家などを改修して、

空間そのものを作品にしているプロジェクト。

(現在7軒が公開されています。)

 

アートや建築がお好きな方には

とてもお勧め ♪♪ です!

 

 

島には、タクシーがありませんので

移動手段は、バスか、自転車か、歩きです!!

健康的ですよね。

ぜひ、皆さんもお出掛けください!!

 

 

春日井・小牧のリフォーム・リノベーション リビング春日井

スタッフ 横山