住まいの診断について | リビング春日井の魅力

まずは、我が家を知ることから…

既設の建物を永くもたせるための3大要素(屋根・外壁・基礎)はもちろん、
小屋裏、床下調査等を行い、老朽化診断を行います。

点検調査に基づき、どこを重点的に改修するかのアドバイスをさせていただきます。

住まいの診断サービスの実施

現地調査→報告書作成→プランに反映

既存建物の正確な状況把握

  • ・経年劣化度合いや耐震性能の有無、断熱性等、写真記録、計測器を使用し、正確な状態を調査します。

<点検項目>
基礎・外壁・屋根の三大項目、小屋裏・床下構造、
漏水の有無,蟻害・腐食の有無、断熱、段差等。

お客さまへの報告

  • ・写真資料と共に、所見の報告をします。
    現状の問題点・良点を合わせてお客様に報告させていただき、
    どこに改装の重点をおいたらいいか、何を優先すべきかの
    判断材料にしていただきます。
  • ・お客様に信頼・安心感を持っていただくために必要な技術を磨きます。

リフォームプランへの反映

  • ・改装時に盛り込むべき内容をプランに投影し、
    美観・機能性にプラス、安全と快適性・永続性を持たせます。
    そのためにはプランナーへの有効な情報伝達・提供を核とします。

※図面をお持ちの方、トータルリフォーム(500万円以上の工事)の方に限らせていただきます。