『美濃(織部)の心』が息づくおもてなし空間。

・築30年の鉄骨RC造の家なので、天井は低く暗い。
・ダイニングキッチンをなんとかしたい。
・せっかくの和風の庭が見えない。
・家族で旅行した倉敷の旅館の、100年を経た落ち着いた風情が心に残っている。

・気に入っておられた倉敷の旅館の純和風なイメージをリフォームで実現できるよう、居間の天井・床には竹材、壁に珪藻土を使い、心地よい空間を作りました。
・リビングとキッチンのレイアウトを変え、居間の大きな掃出し窓から、お庭の四季折々の風景を見ていただけるようにしました。
・キッチンは機能的でありながら、和の遊び心も取り入れて「和モダン」に仕上げました。