ヨーロッパの画廊

・築40年の集合住宅団地の一室をヨーロッパ風に改装したい
・窓枠に木製の格子を付けたい     
・R型の壁と扉が欲しい

・壁の仕上げは真っ白の塗り壁にこだわり、漆喰の材料を使い、塗り方を無造作な左官コテ仕上にしました。
・無機質なアルミサッシの窓に木製の格子の建具を付け、ヨーロッパの窓辺を思わせるものにしました。
・R壁の厚みを持たせる為、壁を二つ立上げ重厚な雰囲気を出しました。
・トイレのむき出しのパイプシャフトも壁で覆い、趣き良く仕上げました。