診断後~現場フォローまで

皆さんこんにちは。メンテナンスの米山です。

今日は雨も降り出して、寒さもいっそう増してきましたね。

風邪などひかれないよう、お体ご自愛ください。

1119⓪

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、先回までに何度か【住まいの診断】のお話をさせて頂きましたが、

では、実際工事に入ったらどんな対応をしているのか?というテーマでお話ししたいと思います。

 

中古物件を購入し、リフォームして新居にされるお客様の事例です。

改装前の家屋診断をして、『雨漏れの痕跡』を見つけていました。

引渡し前に不動産屋さんのほうで処置はされたようでしたが、そこは自分の目で見て確認したい、

ということで、改装工事を担当している丸山監督と共に『放水テスト』を実施しました。

1119①

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に雨水が侵入している可能性がある場所に、水をかけてチェックします。

室内では監督が天井裏を覗き込んで、一滴でも垂れたら合図をするという方法です。

 

どうやらここではなさそうです。

場所を移動して再度確認・・・・

1119②

 

外壁に斜めに走る細い筋が見えたので、そこにかけると・・・・

 

1119④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水が出ました。・・・ここですね。

場所を特定できたので、ここを重点的に改修するという対策案が出来ました。

やはり自分たちの目で確認をすることが大事ですね。

 

改装後、お客様には『永く・安心して』暮らして頂きたいもの。

そのためにはスタッフ一丸となって、色んな労力をかけるべきだと思います。

私もメンテナンスという立場から皆さんのお役に立てるように、今後とも努力していきます。

 

メンテナンス・米山泰弘でした。では、また!